地方医療が衰退し人材不足なのは医師不足に尽きる

日本では現在地方と都市部の格差というのが様々な面で現れています。
医療分野でも同じで、地方の病院不足、医師、看護師不足は大変深刻な問題となっています。特に東北地方は看護師不足顕著で、看護師の求人も多く出されています。
地方の人口が減少していることや、公共交通機関なども廃線になってしまっていることが間接的な原因とも言えます。
地方の医師不足というのは、研修医のマッチング制度が導入されてからますます顕著なものになりました。

研修医のマッチング制度というのは、研修医が自分で研修先となる病院を選べる制度です。
自分が選んだ病院とその病院が自分を選んでいれば、マッチングしたということで研修先が決定します。
その希望する病院というのが、都市部の病院に集中しているということです。
都市部のほうが交通機関も便利だし、休みがあれば遊ぶところもあります。
医療の研究や技術、進歩などを考えても、都市部のほうが優れているでしょう。

また、研修医のアルバイトが禁止になったことも原因の一つです。
研修医のアルバイトというのは病院の当直が多かったのですが、これが禁止になったので当直もベテラン医師が入ることになりました。
それによって医師の人数が足りなくなり、地方に派遣していた医師を呼び戻さなくてはならないという事態になってしまいました。
研修医のアルバイトを禁止することはまっとうなことなのですが、このような弊害もあったわけです。
複数の要因が重なり地方の医療は崩壊寸前です。
医療問題は私達も考えていかなくてはならないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です