職場復帰と女性の権利

結婚や出産した女性が職場に復帰することはよくあることです。
現在は産休や育休で働く女性の立場が守られています。
産休や育休は長期間休むことになりますので、職場の理解が必要不可欠となります。
権利とはいえ、マタハラと呼ばれるセクハラ、パワハラに次ぐ嫌がらせはまだまだ無くなってはいないようです。
マタハラは妊娠した女性に対して退職を促したり、職場復帰をしたときに、違う部署に異動させられたりといったものです。
マタハラによって女性は精神的、肉体的に苦痛を受けて酷い時には職場流産まであるそうです。
また、長期間休んでいると職場に復帰する時に不安を持つ女性も多いでしょう。
何年も休んでいるとお仕事のやり方が大きく変わっているのも珍しくありません。
自分が復帰した時に対応できるかどうか不安に思う人もいるのです。
看護師の職場復帰には支援しくれるところがあるので安心できますが、一般企業ではそうはいきません。
職場に復帰するには職場の環境が大切となります。
産休、育休明けに職場復帰を考えているなら、産休に入る前に職場の人にしっかりと理解してもらうことが必要となります。
今後、女性だけではなく男性も育休を取ることが増えてくるでしょうから、職場の理解が重要となるでしょう。
いつまでも古い考えに縛られずに新しい考えで物事を見ることが大切です。
時代は変わっているのですから、その時代に合わせて考え方も柔軟になりましょう。
現在は看護師不足が深刻となっています。
もっと職場に復帰しやすい環境になると、看護師資格を持っていてお仕事から離れている人も復帰しやすくなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です